建設工事保険について

工事保険には幾つかの種類がありますが、その一つに建設工事保険があります。

建設工事というのはビルや住宅などの建設工事における工事にかける保険です。

工事期間中に台風や竜巻などの自然災害が発生した場合、火災が起きた場合、盗難が起きた場合、その他作業中の事故などにおいて、工事の目的物もしくは工事用の仮設物などに損害が生じた場合に保険で保障がされるというものです。

建設工事保険の対象はビルや住宅などの建物で新築、増築、リフォーム、改修工事などが対象になり、解体や撤去などの工事に対しては対象外になることもあります。

工事保険の対象は工事現場における物に関してで、工事の目的物、工事の工程で必要となる足場組立•撤去工事、型枠工事、支保工事などの仮工事、

工事のために必要とされる電気配線や配管などの仮設物、現場の事務所、作業員の宿舎、資材をおく倉庫など、他工事に使用する資材や仮設材などになります。

建設保険期間は主に工事着手から工事の目的物を引渡すまでの期間の設定になりますが、期間中に引き渡しが完了できない場合などは延長することができます。

建設工事の場合、その工事に関係する人が広範囲になるので、被保険者は工事業者、発注者、下請業者などの全てを含めます。

また、重機などリースをしている場合は、リース業者も被保険者に含めます。

保険金額については、請負金額で設定することがほとんどです。

請負金額に支給材料が含まれていない場合は加算して計算され、保険とは対象外の工事費が含まれている場合は控除されるなどがあります。