Author Archives: blogger

土木工事保険について

建設工事保険の他にある工事保険が土木工事保険です。

土木工事保険というのは、道路工事、橋梁工事、トンネル工事、上下水道工事などの土木工事のことで、

工事期間中に台風や集中豪雨などの自然災害にあった場合、作業中における不測の事故が起きた場合などにそれらの損害を保障する保険となります。

Continue reading

建設工事保険について

工事保険には幾つかの種類がありますが、その一つに建設工事保険があります。

建設工事というのはビルや住宅などの建設工事における工事にかける保険です。

工事期間中に台風や竜巻などの自然災害が発生した場合、火災が起きた場合、盗難が起きた場合、その他作業中の事故などにおいて、工事の目的物もしくは工事用の仮設物などに損害が生じた場合に保険で保障がされるというものです。

建設工事保険の対象はビルや住宅などの建物で新築、増築、リフォーム、改修工事などが対象になり、解体や撤去などの工事に対しては対象外になることもあります。

工事保険の対象は工事現場における物に関してで、工事の目的物、工事の工程で必要となる足場組立•撤去工事、型枠工事、支保工事などの仮工事、

工事のために必要とされる電気配線や配管などの仮設物、現場の事務所、作業員の宿舎、資材をおく倉庫など、他工事に使用する資材や仮設材などになります。

建設保険期間は主に工事着手から工事の目的物を引渡すまでの期間の設定になりますが、期間中に引き渡しが完了できない場合などは延長することができます。

建設工事の場合、その工事に関係する人が広範囲になるので、被保険者は工事業者、発注者、下請業者などの全てを含めます。

また、重機などリースをしている場合は、リース業者も被保険者に含めます。

保険金額については、請負金額で設定することがほとんどです。

請負金額に支給材料が含まれていない場合は加算して計算され、保険とは対象外の工事費が含まれている場合は控除されるなどがあります。

工事保険は保険会社選びから

工事保険というのはどの様な工事が行われるかということによって、どんな保険が必要かということが決まって来るものなのですが、工事保険を選ぶ前にどこの保険会社にするかということが重要でもあります。

どんなに素晴らしい保険商品が用意されていたとしても、確かな保障がなくては全く保険をかける意味がありません。

工事保険に加入する際に、まずどんな保険会社を選べば良いのでしょうか?

工事保険というのは保険会社に勤務する人であっても容易ではない内容であり、専門用語があったり、また工事のことをよく知らずにいてはどの様な保障が必要になってくるかということを予想することができません。

よって、保険会社を選ぶ際には工事保険商品を専門的に取り扱って、様々なトラブル事例の対応経験がある保険会社を選ぶ必要があります。

様々なリスクを想定して、それに対応できる保険に入れば良いことですが、保険というのは付帯する物が多ければ当然保険料が高くなっていきます。

工事保険をかける側としては、工事に想定される必要最小限の保障が賄える保険を選びたいところです。

よって、的確なアドバイスをしてもらえる保険会社が理想的でしょう。

工事保険を掛けるということは当然工事期間中に何かしらのトラブルが起きる可能性はあるわけで、保険を掛けてしまえば安心という訳でもありません。

中には保険をかけていたのに、全然保障がされなかったとか担当者の対応が良くなかったという様なこともありますので、実際のトラブルが起きた際にどの様な対応が得られるかということも確認が必要です。

▼関連ページ⇒https://www.bengo4.com/other/1142/1273/b_220428/